ブログBLOG

入れ歯

2019年9月10日

入れ歯で日常生活を快適に
しましょう

誰でも入れ歯にはなりたくないものですが、失ってしまった歯を悔やむよりも、入れ歯でこれからの暮らしを豊かにすることの方が大切です。 入れ歯は失った歯を補うための治療方法として最も多く、失った歯の代わりとして日常生活を支えてくれます。 現在お使いの入れ歯が合わない、違和感がある方も是非ご相談ください。

治療方法

  • レジン床義歯

    レジン床義歯

    Resin denture

    レジン床義歯はプラスチックの素材で作られている保険適用の入れ歯です。 様々な症例に使用できますが、厚みがあり、違和感が大きく、熱が伝わりにくい特徴があります。

  • 金属床義歯

    金属床義歯

    Metal floor denture

    金属床義歯は床の部分が金属素材で作られています。 自費診療となるため費用がかかりますが、 丈夫で薄く、レジン床義歯よりも食べ物の温度を感じやすいです。また、違和感が少ないのも特徴です。

  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー

    Non clasp denture

    金属のばねが見えない入れ歯で、薄さと軽さを兼ね備えています。 場合によっては金属の裏打ちが必要なこともあります。

コバルトクロム義歯 250,000円
チタン義歯 500,000円
プラチナム/ゴールド義歯 650,000円
レジン床義歯 150,000円~180,000円
即時義歯 27,000円

※価格は全て税別表記です。

リスク・副作用 ■破損について
入れ歯は強い力をかけることで欠けたり割れたりする場合があります。

医療費控除について

1年間で支払った医療費が合計10万円を超える場合に医療費控除を受けることができます。
詳しくは国税庁のホームページをご確認ください。