ブログBLOG

小児歯科

2019年9月10日

正常な永久歯へ生え変わるために

「乳歯がむし歯でも、いつかは抜けるから大丈夫」 「小さいむし歯なら歯医者に行かなくてもまだいいかな」と思われる方がいらっしゃいます。 ですが、成長途中である子供たちにとって、食育や発音、永久歯への影響等を考えると歯はとても大切です。むし歯のない永久歯へ生え変わるためには、 きちんと予防、治療をしておく必要があります。一生自分の歯で健康に生活していただくために、 必要な知識を親御さんに持ってもらうことも重要だと考えています。

むし歯の予防方法

  • ブラッシング指導

    ブラッシング指導

    Brushing instruction

    歯磨きは毎日できるむし歯予防です。 年齢や歯並び、生えかわりの状況など、 お一人おひとりに合わせてブラッシング指導を行います。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布

    Fluorine coating

    フッ素は歯の質を強くし、 むし歯菌の活動を抑制してくれます。 定期的に歯科医院で塗布することで丈夫で健康な歯を作っていくことができます。

  • シーラント

    シーラント

    Sealant

    乳歯の奥歯には、複雑で細かい溝があるため、 磨き残しが起きやすく、むし歯になりやすいです。 そのため、奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めることで、むし歯を予防します。